頭痛薬を常備

昔から偏頭痛持ちの私は、いつも頭痛薬を常備するようにしています。とにかく飲むタイミングが大事で、痛くなりそう、と思った時に飲まないとダメなのです。痛くなってからでは飲んでも遅いみたいで…。

何度か病院に行ったこともありますが、疲れやストレスが原因だろうとのことでした。医者からそう言われるとそうか、とそのままにしておいてしまいがちですよね。

また、良く言われることですが、天気の悪い日も気圧の関係で偏頭痛が起こりやすいです。もう長い付き合いなので、うまくやっていかないとな、と思いつつ、偏頭痛が来るととにかく気が滅入ります。

今日もそんな日でした。天気もイマイチで朝から嫌な予感はしていたのですが、取引先とミーティング中にズキンズキンとこめかみが痛くなり、薬を取りに行くわけにもいかず、資料を見るふりをして耐えていました。

「〇〇さん(私の名前)、顔色悪いですよ?具合悪いのですか?」と取引先から声をかけてくれました。「いつもの偏頭痛ですよ、天気悪いですし」などと話したものの、会話すらしたくないほどの痛みでした。

状況を察した上司が「薬持っていたら飲んで来たら?」と言ってくれ、デスクに取りに行ったら、こんな時に限って手持ちのものが切れていました。仕方なく戻り、お昼の休憩時間にドラッグストアに買いに行きました。いつもは少し先の大きなドラッグストアに行くのですが、少しでも早く薬を飲みたくて、最寄りのお店に行ったのです。

しかし!そこには、いつも飲んでいる商品が無かったのです。店員さんに聞き、成分が近いものを買おうかとも思ったのですが、合わなかったら嫌だなと思い、結局いつものドラッグストアに向かいました。

無事購入し、薬を飲み(いつでも飲めるタイプのものです)、ささっと昼食を済ませる頃には、痛みも落ち着いてきた気がしました。正しくは、バタバタした休憩時間で、痛いことなど忘れていた、という感じでした。 短い昼休み、そして長い1日でした。