評判の良い宝石店

朝ごはんを作っていたら火傷をしたので薬を購入する事にしました。程度はそんなに酷くないけれどひりひり痛み、赤みが帯びていました。ドラッグストアでお薬に詳しい担当のスタッフに相談したところ、少しの範囲で深くも無いので市販薬で様子を見て大丈夫との事でした。使う薬は塗り薬になるだろうと思いましたが、売り場に行くと似たような箱が並んでいてどれを使って良いのか全くわかりませんでした。目に付いたのはやけど治療薬という軟膏でした。スタッフさんの説明によると痛みのもととなる炎症を抑える他に、損傷した部分の皮膚の修復を高める効果があるとの事でした。

そこでこれかなと思うものをいくつか自分で選んで、その中から絞り込むことにしました。チューブ状のものだったり、缶に入ったものだったり、昔からある漢方製剤のものだったり、あとは値段と雰囲気で選びました。何となく漢方は効きが良さそうだったので候補の中では一番評価が高かったけど、そのあとスタッフさんに解説をしてもらうとなんとデメリットもあるとの事でした。昔からあるので購入される人は多いけれど、使用している生薬の独特な匂いと色身だけは避けられないとの事でした。着用している服も白いブラウスだったのでそれでは困ると思いました。購入する前の段階ではわからないことを教えてもらえて、現場のスタッフさんが相談しやすいのはとても助かるなと思いました。

そしてもうひとつ購入前に聞いてよかったのが、間違った商品を選んでいたことです。購入しようと思っていた商品の中に、やけどの痕を消す商品を選んでいました。パッケージの「やけど」という文字や値段に惹かれて選んでいたのですが、実はこの類の商品は火傷が治った後に、皮膚に残ってしまった痕跡を目立たなくするものだそうで火傷の治療薬ではないとのことでした。パッケージを見れば効能の説明や注意書きは書いてあるのですが、時間がなかったり混んでいたり、1秒でも早く薬を使いたいと思っていると、見落としてしまいがちでした。常備薬としていくつか余裕のある時にも足を運んでおきたいなと思いました。

あと宝石店に行ったのですが、そこはすごく評判の良いところでした。